遊びが学びに欠かせないわけ  自立した学び手を育てる



ピーター・グレイ[著] 吉田新一郎[訳]
2,400円+税 四六判並製 352頁 2018年4月刊行 ISBN978-4-8067-1555-9

異年齢の子どもたちの集団での遊びが、飛躍的に学習能力を高めるのはなぜか。
狩猟採集の時代の、サバイバルのための生活技術の学習から解き明かし、
著者自らのこどもの、教室外での学びから、学びの場としての学校のあり方までを
高名な心理学者が明快に解き明かした。

生涯にわたって、良き学び手であるための知恵が詰まった本。

【本書への賛辞】
ピーター・グレイは、「子どもの遊びの進化学」に関する世界的な権威の一人です。そして、心理学の百科事典的知識と慈悲深い口調を、差し迫った課題である学校改革に応用しています。彼が本書で提案しているすべてには賛同しなくても、彼は私たちに、子どもたちの自然な学び方に順応した学校がどうあるべきかを、再考するように迫っています。
――スティーブン・ピンカー(ハーバード大学心理学教授)

すべての子どもは、学ぶことが好きです。でも、ほとんどの子どもは、学校(勉強)が嫌いです。この矛盾について私たちは話すのを避けていました。好奇心の塊であるあなたの子どもが不機嫌な怠け者になってしまうのはなぜなのか不思議に思ったことのある読者に、本書は答えと対処法を提供しています。
――『自由に羽ばたける子どもを育てよう』の著者、レノア・スクナージ

ホーム・スクーリングをしている親や、子どもの幸福を願っている者にとってかけがえのない本。
――ホーム・エデュケーション(在宅教育)マガジン誌

著者ピーター・グレイは、科学と進化生物学を通して、人類は遊ぶようにデザインされていること、遊びを通して成長すること、そして子どもにとって遊びは学ぶことと同義であることを証明しています。本書は、私たちに前提(パラダイム)の劇的な変化を迫り、適応し続ける人類の長期的な生存にとって欠かせない書になっています。
――スチュアート・ブラウン(全米遊び研究所理事長/カリフォルニア大学サンディエゴ校准教授)

著者紹介

訳者紹介

目次

原著参考文献

プロローグ

訳者より

ネット書店で購入する





>>トップページへ戻る    >>このページのいちばん上へ
   サイト内検索

TSUKIJI SHOKAN PUBLISHING CO., LTD.
7-4-4-201 TSUKIJI CHUO-KU TOKYO, JAPAN
TEL:03-3542-3731 FAX:03-3541-5799


© 2011 tsukiji shokan publishing co., ltd. All rights reserved.