極限大地 地質学者、人跡未踏のグリーンランドをゆく



ウィリアム・グラスリー[著] 小坂恵理[訳]
2,400円+税 四六判 240頁 2022年6月刊行 ISBN978-4-8067-1637-2

人間は、人跡未踏の大自然に身をおいたときに、
どのような行動をとるのか。

氷壁とフィヨルドの海岸に囲まれたグリーンランドで、
地質学者は、何を見、何を感じたのか。

地球科学とネイチャーライティングを合体させて
最高のノンフィクションとたたえられたジョンバロウズ賞受賞作。


[原著書評より抜粋]
美しい文学的文章には……真摯な内省と科学的知識の裏付けがある。
『極限大地』に登場するのは、ほぼ前人未踏の大昔の世界だ。
いまや地球の変化は加速する一方だが、太古の時代の神秘がここには未だに残されている。
本書は文学、科学、哲学、詩のすべての要素において、ネイチャーライティングの傑作の資質を備えている。
ごく繊細なタッチによって、美と学問が稀に見るほど絶妙に組み合わされている。
――ジョン・バロウズ賞審査員評

著者は知覚の性質と人間の精神について熟考したうえで、
グリーンランドの構造のドラマチックな物理的特徴を描写しながら、
長期にわたる遠征で体験したスリリングな冒険を回想している。
――サイエンティフィック・アメリカン誌

陸地と北極海の境界がぼやけ、凍るように冷たく澄みきった海が広がり、
その鏡のように滑らかな表面を流氷が漂い、静寂が支配する場所を、著者は見事に再現した……
太古に関するこのストーリーの視点には、ただただ驚かされる……
グリーンランド東部について著者が抱いた鮮烈な印象からは、
サイエンスライターのほとんどとは無縁な試みに取り組んでいることがわかる。
すなわち、自らの快適な空間という領域にとどまらず、未知の領域にまで足を踏み入れている。
――ネイチャー誌

著者紹介

訳者紹介

目次

序章

訳者あとがき

編集部より

ネット書店で購入する

本書の読者におすすめの本





>>トップページへ戻る    >>このページのいちばん上へ
   サイト内検索

TSUKIJI SHOKAN PUBLISHING CO., LTD.
7-4-4-201 TSUKIJI CHUO-KU TOKYO, JAPAN
TEL:03-3542-3731 FAX:03-3541-5799


© 2011 tsukiji shokan publishing co., ltd. All rights reserved.